トップページ 商品案内 健康食品 アガリクス生産の様子


養魚・魚介類 各種水槽 健康食品
アガリクス・ブラジーJUN17 アガリクス愛飲者の声 アガリクス生産の様子
 
イヌトウキ その他の健康食品 開発者 アーカイブ

ブラジル大西洋岸の南緯2025℃に連なるマンチケラ山脈は自然保護区です。その東山麓に広がる
ギーハ高原は亜熱帯に属しますが、標高8001000mのため大変過ごしやすい気候が広がります。
マンチケラ山脈はギーハ高原に清冽な伏流水を豊富に供給し、チガヤ(茅)の広がる丘はアガリクス茸の
自生地(原産)です。豊かな大地と温暖な気候に恵まれたギーハ農場は無限の可能性を秘めています。
大久保純也氏は同高原のほぼ中心に立地するこの農場でアガリクス茸を研究、その発生の機序を解明しました。
研究成果を日本に持ち帰り人工栽培に成功、さらに優良品種「アガリクス・ブラジーJUN17」を開発した後、
その成果をギーハ農場に無償提供し、その人工栽培を指導、1998年量産体制確立に成功しました。

2g×60包 細粒・分包タイプ
12g中アガリクス2g入り

ピュアゴールドは特殊製法により生まれた
アガリクス100%の細粒です。
 
2g×60包 顆粒・スティックタイプ
12g中アガリクス1.5g入り

日常の健康維持や健康美を心がけている
方々にお薦め致します。

ギーハ農場は、サンパウロ市の北東約120km、ギーハ高原のほぼ中央、標高8001200m
280ヘクタールの広さを持つ、日系3世カルロス・阿部氏が経営する農場です。
阿部氏は19964月、大久保純也氏の指導の下「アガリクス・ブラジーJUN17」の人工栽培に
着手、199810月大久保式栽培法による量産体制を確立しました。

農場研究室と堆肥工場
研究室にて組織培養
堆肥の製造
     
堆肥の発酵、熟成
簡易栽培ハウス
発生したアガリクス茸
     
栽培研究・実験ハウス内
 
   左:カルロス・阿部氏
 中:大久保純也氏
 右:通訳・井上氏
 



イヌトウキ

All Rights Reserved by (C)Yasuda Co., Ltd. 2002
Contact Us Systems Required Site Map
安田,アガリクス,JUN17,ピュアゴールド,イヌトウキ,日本山人参,健康食品,健康補助食品,展示水槽,業務用水槽,水槽,ペヘレイ,養魚,YASUDA,ヤスダ,ブラジル,ギーハ農場,健康,βグルカン,不飽和脂肪酸,埼玉,アクリル水槽,健康,癌,インテリア水槽,観賞用水槽,魚,飼育,養殖,水産,鮮度維持,海水シャーベット,深層水
埼玉県。アガリクス、イヌトウキなどの健康食品を扱う企業。展示水槽、業務用水槽の他、ペヘレイなどの養魚も取り扱う