トップページ 商品案内 健康食品 アガリクス・ブラジーJUN17


養魚・魚介類 各種水槽 健康食品
アガリクス・ブラジーJUN17 アガリクス愛飲者の声 アガリクス生産の様子
 
イヌトウキ その他の健康食品 開発者 アーカイブ



■アガリクス・ブラジー JUN17
JUN17は、薬剤師大久保純也氏が開発したアガリクスの優良新品種です。大久保氏は世界で最初にアガリクスの人工栽培を成功、特許を取得、水野修一医学博士(元国立小倉病院内科、消化器科医長)の協力の下、十数年に及び研究が行われています。
アガリクスの中でJUN17の種菌は優良新食品種として工業技術院に日本で始めて受託されており、品質の安全性、信頼性が裏付けられています。
(工業技術院受託番号:微工研菌寄第12819号)

2g×60包 細粒・分包タイプ
12g中アガリクス2g入り

ピュアゴールドは特殊製法により生まれた
アガリクス100%の細粒です。
 
2g×60包 顆粒・スティックタイプ
12g中アガリクス1.5g入り

日常の健康維持や健康美を心がけている
方々にお薦め致します。

大久保式栽培方法特許に基づいて、大久保先生の直接指導のもと栽培
    19961220日 特許第2119795号  発明の名称:アガリクス・ブラジー茸の栽培
  開発したアガリクス茸の種菌が、工業技術院微生物工業技術研究所へ優良新品種として受託されている
    199232日 工業技術院微生物工業技術研究所受託:微工研菌寄第12819
微生物の表示:Agaricus blazei JUN17(分類学上の位置が確定された新学名)
  大久保先生の母校「アガリクスJUN17研究チーム」による研究開発
    大久保先生と共同研究の成果が数多く発表されておりますが、数ヶ月間熟成させたアガリクス・ブラジーJUN17から坑変異原性及び抗菌性物質の不飽和脂肪酸を発見、その分離抽出、科学等式解明し共同特許が公開されています。
  水野修一医学博士のアガリクス・ブラジー・JUN17応用研究
    水野博士は、国立小倉病院内科・消化器科医長時代から、大久保先生と共同で今日まで十数年間アガリクス・ブラジーJUN17の研究をし、学会発表や著書に著しておられます。また、アガリクス・ブラジーJUN17とイヌトウキの併用方法は特許公開されています。
  もとは魚たちの健康維持のために研究・開発していた技術から人間のための健康維持の技術へと発展
    当社のアガリクスはもともとは育てるのが難しい魚たちの健康を維持するために研究していたものでした。それが人間の健康維持のための技術へと応用・発展したのです。
  安全性については魚たちが実証
    当社のアガリクスは魚の健康のための研究から始まったという背景があり、安全性は魚たちによって実証されます。

■愛飲者の生のご感想をご覧下さい!
当社のアガリクスをご愛用頂き、目に見える効果を実感されている方々から大変多くの反響を頂いております。
実際にご愛飲頂いている方々が話す、カタログだけでは判らないアガリクス・ブラジーJUN17の本当の効果をご覧下さい!
アガリクス・ブラジーご利用者体験者の声
 
日米で取得した栽培方法特許に基づく安心の出来る
製品を栽培しています。
  アガリクスの原産地ブラジル・ギーハ農場にて有機栽培。
  JUN17には他品種にはほとんどない不飽和脂肪酸を多く含有。
  品質は目に見えないからこそこだわってお選び下さい!
 




アガリクス愛飲者の声

All Rights Reserved by (C)Yasuda Co., Ltd. 2002
Contact Us Systems Required Site Map
安田,アガリクス,JUN17,ピュアゴールド,イヌトウキ,日本山人参,健康食品,健康補助食品,展示水槽,業務用水槽,水槽,ペヘレイ,養魚,YASUDA,ヤスダ,ブラジル,ギーハ農場,健康,βグルカン,不飽和脂肪酸,埼玉,アクリル水槽,健康,癌,インテリア水槽,観賞用水槽,魚,飼育,養殖,水産,鮮度維持,海水シャーベット,深層水
埼玉県。アガリクス、イヌトウキなどの健康食品を扱う企業。展示水槽、業務用水槽の他、ペヘレイなどの養魚も取り扱う