トップページ 会社概要 安田のあゆみ


企業テーマ 安田のあゆみ 会社略歴 納入実績 企業データ
出逢い ふれあう 育む 慈しむ 護る 語らい


魚離れが進む中でも伸びている魚たち

日本人の食生活の中で「魚離れ」という言葉が聞かれますが、
一部の活魚や鮮魚に関していえば非常に大きなニーズがあり、
その消費量は年々伸びています。その理由のひとつは、養殖
技術の向上にともない、高品質、高鮮度出荷が可能になった
ことです。また、もうひとつの理由としては、漁獲、輸送、
蓄養という一貫した、トータル技術の向上によって、今まで
活魚や鮮魚として流通できなかった天然魚や養殖魚がより
遠くの消費地までストレスを最小限に抑えて高鮮度で輸送
することができるようになったからです。

成育水→輸送水→蓄養水の変化を最小限に

活魚の輸送には、限られたスペースで水と共に多くの生きた魚を
運ぶため、水質の悪化、水の動揺、酸素の補給など多くの問題が
発生します。そのため、人間の乳幼児を扱うような細やかな輸送
環境づくりと、安定した環境維持・制御が必要となります。
ヤスダは、地方への移蓄などの必要から、様々な輸送の技術、
システムを学び、数多くの経験と実績を積み重ね、活魚輸送分野
においても高い評価を集めています。


魚離れが進む中でも伸びている魚たち

いま活魚や鮮魚の輸送は、近距離から長距離へ、陸上輸送から海上、航空輸送へ、そして国内だけでなく
海外との輸出入など、拡大傾向にあります。
ヤスダでは、活魚や鮮魚の輸送にあたっては、輸送機材や輸送技術の研究開発に力を注ぐだけでなく、
輸送に適する健康で高品質の魚を育てるという視点でも研究を行っています。

安田のあゆみ【5】護る

All Rights Reserved by (C)Yasuda Co., Ltd. 2002
Contact Us Systems Required Site Map
安田,アガリクス,JUN17,ピュアゴールド,イヌトウキ,日本山人参,健康食品,健康補助食品,展示水槽,業務用水槽,水槽,ペヘレイ,養魚,YASUDA,ヤスダ,ブラジル,ギーハ農場,健康,βグルカン,不飽和脂肪酸,埼玉,アクリル水槽,健康,癌,インテリア水槽,観賞用水槽,魚,飼育,養殖,水産,鮮度維持,海水シャーベット,深層水
埼玉県。アガリクス、イヌトウキなどの健康食品を扱う企業。展示水槽、業務用水槽の他、ペヘレイなどの養魚も取り扱う